ご契約の流れ

ご契約の流れ

移転の計画立案 移転の目的を明確にし、オフィスの規模・立地・設備・機能・条件等を決定。
オフィスビル選び 移転計画に沿って、物件情報の収集からスタートします。
契約 賃貸借契約書の内容を双方で確認し、理解・納得の上で捺印、保証金又は敷金の受け渡しをもって契約が成立。
一般的には、保証金・敷金は契約日までにオーナー側で入金確認が出来るよう振込します。
移転計画実施 契約終了後、移転作業の準備にかかります。レイアウトは、現状の問題点や数年先を踏まえた人員、組織、情報化を考慮して決定します。
オフィスプランニング 契約終了後、移転作業の準備にかかります。レイアウトは、現状の問題点や数年先を踏まえた人員、組織、情報化を考慮して決定します。
移転手続き・引越し 移転日前に運送業者より梱包資材が届きます。搬出するものには行き先、所有者がわかるように統一したラベル付けをします。コンピューターやコピー機は調整やテストランが必要なためメーカーや業者との打合せが必要です。
新オフィスでの営業開始 新オフィスへの移転後は、搬入した什器や備品等に損傷がないかを確認、開梱したダンボール等の回収も事前の打合せが必要です。